1. RENOSY TOP
  2. 中古マンション
  3. 住まい・暮らしに関する記事一覧
  4. クリスマスグッズを使わずに雰囲気を演出することでオトナの部屋は引き締まる
住まい・暮らし

クリスマスグッズを使わずに雰囲気を演出することでオトナの部屋は引き締まる

2016.12.12

部屋をクリスマスの雰囲気にしたいけれど定番のクリスマスグッズはちょっと……と感じていませんか? そんな時には、ちょっとしたインテリア雑貨が大活躍。色使いや飾り付けを工夫して、お部屋を大人っぽいおしゃれなクリスマスの雰囲気に変えてみましょう!

定番以外のグッズでクリスマスの雰囲気を出してみよう

クリスマスで誰もが思い浮かべるのが、クリスマスツリーやクリスマスリース。しかし、とりあえず毎年ツリーやリースでクリスマスらしさを演出してみるものの、ベタすぎて雑誌で見るようなおしゃれな雰囲気にはなりにくいもの。

もう少し大人っぽくしたいけれど、お金は掛けたくない……。できるなら、小物やちょっとした工夫でクリスマスをおしゃれに演出したいですよね。

そのような時に取り入れたいのが、北欧雑貨やオーナメントなどのアイテム。自然素材でできたトナカイのオブジェや、雪の結晶のモチーフなどは特に人気があります。

ストリングライトと呼ばれるクリスマスのイルミネーションに使うライトを、クリスマスツリーではなく壁の一部や白樺の星形リースなどに飾るのも素敵です。

おしゃれな雰囲気にするには、部屋中をクリスマスグッズだらけにせずに控えめに飾るのがポイント。さりげなく大人っぽい雰囲気に仕上がります。

赤と緑だけではない!おしゃれな雰囲気は色使いで決まる

クリスマスカラーの赤と緑でまとめてみたら、なぜだかダサくなってしまったということ、ありませんか? その原因は、どうやらクリスマスカラーの使い方と分量にあるようです。

部屋中をクリスマスカラーで飾り立ててしまうのではなく、抜け感を出すのがポイント。白でまとめた部屋の中に、赤いオーナメントやハーブで作ったグリーンリース、赤いヒイラギの実を少しだけ。そのようなバランスがおしゃれに見せるコツのようです。

クリスマスらしさを出せる色は赤と緑だけではありません。白とゴールドやシルバーでゴージャスに、自然素材のブラウンと白、グリーンの組み合わせでナチュラルに。ポイントに少しだけ赤を使うと華やかになり、北欧風のインテリアにもぴったりです。

一部を白く着色した松ぼっくりや、クリスマスツリーに飾るゴールドやシルバーのボール型のオーナメント、白いキャンドルなどをまとめて飾ると、大人っぽいテーブルコーディネートが完成します。

雑貨やファブリック、グリーンで季節感を演出しよう

ちょっとした雑貨でクリスマスの季節感を出したい時には、グリーンを効果的に使ったり、ファブリックの質感を温かみのあるものにしたりという方法がおすすめです。

クリスマスシーズンになると花屋の店先に並ぶヒムロ杉という針葉樹の枝を使ってリースやクリスマスキャンドルを作ると、それだけでクリスマスの雰囲気に。ガラスの花瓶にヒムロ杉を飾るだけでも、一気にクリスマスらしくなるから不思議です。

小さいモミの木をブリキの器などを鉢カバーにして飾るのもクリスマスらしさ満点。飾りはシンプルに色を統一する、あるいはあえて飾りをつけないというのもおしゃれです。

スノードームやキャンドルなどの冬を感じさせるインテリア雑貨を飾る、松ぼっくりやドングリなどの木の実を器に盛ったり並べたりしてみるのも、季節の演出に一役買ってくれます。

明日から早速、クリスマスに使えそうな木の枝を探してみましょう!

クリスマスの雰囲気を出すインテリアは、おしゃれな雑貨の飾り方がポイントです。自分なりのカワイイと思えるアイテムを、個性的に飾ってみるのもいいのでは?インテリアはシンプルに、定番グッズを避けるのがおしゃれで大人っぽいクリスマスのインテリアのコツです。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。