1. RENOSY TOP
  2. 不動産投資
  3. 不動産投資に関する記事一覧
  4. 成功握る不動産管理会社、どう選ぶ? ~不動産管理会社の正体を知ろう~
不動産投資

成功握る不動産管理会社、どう選ぶ? ~不動産管理会社の正体を知ろう~

2017.01.23

不動産投資の成功を大きく左右する「不動産管理」。初めて探すときや管理会社の変更を考えている人で、不動産管理会社の役割や立場などを十分に理解できていないと、思わぬトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

購入した不動産は大事な資産です。満足のいく管理をしてもらうためにも不動産管理会社についてきちんと理解しておきましょう。

今回は、中古マンション経営を成功に導くための不動産管理会社についてご紹介します。

~不動産管理会社はこんなことをやってくれる~

不動産管理会社は大きく2つのことを行います。

1.賃貸借の媒介
物件と入居者の取次などを行います。入居者募集から選定、契約締結業務など入居に至るまでの一連の業務です。

2.不動産の管理
細かく分けると4つの管理業務があります。

(1)契約管理業務
解約や契約更新業務、運営や調整業務、賃料などの徴収業務など

(2)物的管理業務
清掃業務、建物や設備管理等業務など

(3)コンサルティング業務
賃貸管理規約の策定や監理・助言、賃貸経営の企画、修繕建て替え計画の策定業務など

(4)防災、防犯、警備業務
防災や防火の警備業務など

管理業務は入居者とオーナーの橋渡しとなります。そのため、満足度の高い住居環境の提供が不動産管理会社の主なサービスになります。

実際に中古マンション経営で不動産管理会社に委託する際には、大きく2種類の契約形態があります。

1.媒介契約
不動産会社に仲介を依頼する契約です。入居者選定や賃貸借契約締結は補助のみとなります。

2.代理契約
不動産会社に代理販売を依頼する契約です。貸主に代理して入居者選定や賃貸借契約締結まで行います。

媒介契約の場合、

(1)媒介契約締結についてだけ管理会社に代理権を与えるものと、

(2)賃貸借契約および管理業務の一部について代理権を与えるもの

の2つの業務委託契約があるため、媒介契約した場合は下記のようなものを使い分けます。

  1. 賃貸借代理および管理委託契約(一括委託)
  2. 賃貸借代理および管理委託契約(一部委託型)

今回は不動産管理会社の業務と契約の種類についてご紹介しました。

不動産管理会社によってサービス内容は様々です。自分が委託を希望する業務内容と手数料を比較して、安心できる不動産管理会社を選びましょう。

※本記事では、記事のテーマに関する一般的な内容を記載しており、より個別的な、不動産投資・ローン・税制等の制度が読者に適用されるかについては、読者において各記事の分野の専門家にお問い合わせください。(株)GA technologiesにおいては、何ら責任を負うものではありません。

Popular Tags人気タグ

MANSION SELECT

ゼロから始める
マンション探し

マンション探し初心者必見!失敗しないマンション選びのための7つのコツを紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。

ASSET MANAGEMENT

これから資産運用を
始めたい方へ

株式投資から不動産投資、仮想通貨まで、広く投資について紹介しているPDF資料をダウンロードいただけます。