RENOSY(リノシー)の不動産投資

  1. RENOSY TOP
  2. 不動産投資
  3. 不動産投資の3つの効果

不動産投資

不動産投資の3つの効果

不動産投資によって得られる3つの効果をご紹介いたします。

  1. POINT 1生命保険に加入できる

    ローンをご利用する場合は、団体信用生命保険にご加入いただきます。ご本人さまにもしものことがあった場合に、残債が保険会社によって支払われます。つまり遺族には無借金のマンションが残されることになり、売却して多額の現金を得たり、毎月の家賃を遺族年金の代わりに受け取ることができます。これにより現在加入している年金保険の見直しもできますので、家計の負担も軽減できます。

    不動産投資の効果

    保険効果

    保険効果

    オーナーさまに万が一のことがあった時には、
    団体信用生命保険が残されたご遺族を守ってくれます。

  2. POINT 2個人年金の代用として扱えるため、
    年金対策ができる

    公的年金の受取開始年齢が65歳以上に引き上げられ、受給額も実質目減り時代に突入致しました。今後さらに受給額の減少、受取開始年齢が先送りされるのは間違いないでしょう。このように公的年金を頼りにできない今、ゆとりあるセカンドライフを実現するために、マンション経営がますます注目されているのです。ローン返済中も家賃収入を充当して負担もごく軽く。完済後は家賃収入をそのまま個人年金の代用として扱えます。

    ※家賃収入は本来の年金制度とは異なるため、公的年金等控除額に含めることはできません。
    ※家賃収入として実際にお受け取りできる金額は、賃貸管理手数料などの諸費用を差し引いた金額になります。

    購入から完済後の流れ

    年金対策

    年金対策

    ローン完済後は家賃収入をそのまま個人年金の代用として扱えます!

  3. POINT 3物価変動に強いので
    インフレ対策になる

    アベノミクスによる金融緩和策により、インフレ率2%が目標として設定されています。物価が上昇すると、相対的に現金価値は低下します。従って、現金で資産を所有していると実質価値が目減りしてしまいます。一方、現物資産であるマンションの価値は物価価値とともにスライドしますので、目減りすることはありません。マンション経営はインフレ対策にもとても有効なのです。

    インフレ時の不動産と現金の価値比較

    インフレ率2%の場合の現金価値

    インフレ率2%の場合の現金価値

    インフレ時の物件と不動産価値の関係

    インフレ時の物件と不動産価値の関係

不動産投資の事なら
RENOSYエージェントに
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間10:00 〜 20:00

0120-962-658

RENOSYに相談する

OWNR by RENOSY 不動産オーナーの資産管理をスマートに

購入申込から所有物件の管理・運用までアプリひとつですべてサポート

OWNR by RENOSY アイコン

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
OWNR by RENOSY イメージ

不動産投資をご検討中の方へ

不動産投資の始め方がわかる「Investment Guidebook」と、
投資の考え方がわかるインタビューDVD「RENOSY Owner’s Voice」を無料でお届けしています。

資料請求はこちら

不動産投資の頭金っていくら必要?

無料でエージェントに相談する