RENOSY ASSET RENOSY ASSET マンション投資

マンション投資の利回り・節税効果

マンション投資する人の年収の分布を教えてください

RENOSY ASSETでマンション投資をされているオーナーデータです。

マンション投資での収支も確定申告の必要がありますか?

マンション投資を始めると、確定申告が必要となります。RENOSY ASSETでマンション投資されたお客様には、税理士の方による税務セミナーを定期開催しております。

関連記事

マンション経営でぶつかる相続税の計算方法を教えてください

一般的に時価の8割程度となる路線価で算出する「土地」と、一般に時価の7割程度となる固定資産税評価額から算出する「建物」から、不動産評価額を算出します。

マンションの場合は時価2,000万円の場合、相続税評価額は、時価の6割の1,200万円程度の評価額になります。そのマンションを他人に賃貸している場合は、借地権や借家権の影響でさらに評価額が低くなります。

詳しくは下記関連記事をご覧ください。

参考記事
不動産投資の仕組みを解説。2つの利回りと節税について

マンション投資が節税になるカラクリについて教えてください。

中古マンション投資は、特にはじめたばかりの頃は、初期費や減価償却費など、不動産の家賃収入よりも経費が上回ることがあります。

マンション投資のマイナス分をサラリーマンの給与所得と相殺できるので、結果として収める税金の金額は減ります。この損益通算の仕組みがあるために、節税になる、と言われます。

より詳しくは下記の関連記事をご覧ください。

参考記事
不動産投資が節税になる仕組みとは

マンション投資が相続税対策になるのはなぜですか?

マンション物件は、同額の現金を相続した場合に比べ、相続税の節税につながることがあります。

2,000万円の現金を相続した場合、財産評価額は2,000万円と評価されますが、一方で、2,000万円でマンションを相続する場合、土地は路線価、建物は固定資産税評価額から不動産評価額を算出するため、評価額が少なくなり、1,200万円程度の評価額になります。さらに、そのマンションを他人に賃貸している場合は、借地権や借家権の影響で評価額がさらに低くなります。こういった理由から、相続税対策になると言われています。

詳しくは下記関連記事をご覧ください。

参考記事
不動産投資の仕組みを解説。2つの利回りと節税について

マンション投資の利回り相場とは

マンション投資をする際に、客観的に判断する指標のひとつとして、「利回り」という考え方があります。

「満室想定の年間収入」を「購入価格」で割ったものを「表面利回り」と呼びます。

需要の高い都心部の物件は高額になるため、表面利回りは小さくなります。

2019年4月に行われた不動産投資家調査によると、ワンルームマンション投資(一棟)の期待利回りは、東京は城南エリアで4.3%、城東エリアで4.5%で、同調査の中では低水準となっています。他の政令指定都市では横ばいで、5% を超えている都市が多いです。

関連記事
不動産投資で利回り何%超えだったら買い判断?

24時間受付・秘密厳守・迅速対応

無料資料請求をする